Twitter を自動ツイートbot設定しましょう。

スポンサーリンク

事前準備

1. Twitter アカウント申請

2. Twitter APIの認証情報を確認

3. TwitterOAuthをダウンロード

4. Twitterアカウントでデベロッパーサイトにログインする

デベロッパーサイトでアプリ登録行う

デベロッパーサイトはこちらから。
https://dev.twitter.com/apps

登録完了したら、「Read and write」に変更する

PHPでTwitter APIを使えるようにする

Twitter API を操作できるPHPのTwitterOAuthをダウンロードします。

abraham/twitteroauth
The most popular PHP library for use with the Twitter OAuth REST API. - abraham/twitteroauth

TwitterOAuthをサーバーにアップする

サーバーのどこのフォルダでもいいですが私はtwitteroauth-masterフォルダのままで保存しました。

定期的に実行するためPHPファイルをCRONに設定する

サクラインターネットの場合こちらで設定しています。

コマンドはcd /home/アカウント名/www/twitteroauth-master ; /usr/local/bin/php cron.php

これで一時間一回このPHPファイル実行することになります。

TwitterOAuthの使い方こちら参照ください。


 

 
さくらインターネットサーバー借りていない方はGoogle Apps ScriptのUrlFetchを使って、CRONと同じく任意時間でURLをリクエスト方法で設定できるので下記記事参考してください。

Google Apps ScriptのUrlFetchを使って、CRONと同じく任意時間でURLをリクエスト方法
Google Apps ScriptのUrlFetchを使って、CRONと同じく任意時間でURLをリクエストしましよう。
タイトルとURLをコピーしました